第15回写真の早慶戦投票結果報告

先日開催されました第15回写真の早慶戦の投票結果の集計が終わりました。

結果は早稲田146票、慶應200票、引き分け128票となりました。

来場者は630人(芳名帳記入者)と多くの方が会場に足を運んでくれ大盛況で終えることができました。

 

現役生との早稲田祭合評会を3年ぶりに行いました。

今年ようやく早稲田祭が11/5(土)、6(日)の2日間開催されました。写真展には二日で2000以上の来場者があったそうです。

今年は80点以上の出品があり、コロナ前の100点に戻りつつありました。

そして13日には合評会を行いました。OBからは菊池さんと塩澤さんに同行していただきました。

静寂 Hさん

東北旅行で出会った光景。光と石仏に魅せられて撮影したそうです。ディテールの再現を大切に表現したかったそうです。そういわれてあらためてみるともう少し詳細に表現できたほうがよいと感じました。この作品はモノクロフィルムをスキャンしてデータ化してプリントしていましたが、OBの菊池さんはモノクロフィルムをマクロレンズを使った複写方法でのデータ化のほうが高精細であることを話していました。

語らぬものたち Hさん

被写体は様々ですが撮影者独特の距離感が感じられる作品で前の作品と通ずるものがありました。何気ない風景やものを撮影していても個性が感じられるのは大切なことですね。

My Brother Hさん

身内を撮影した一枚。なにげない一瞬をとらえた良い表情でした。OBの塩澤さんからピントが目にきていないのは残念であるし、それを発表するのは鑑賞者にとっても残念であると指摘がありました。そして写真は今しかない瞬間を撮っている真剣勝負だからその時を大切にしてほしいと話していました。

東北一周記 Hさん

東北旅行の記録だそうですがHさんの作品の中では一番力が抜けていて自然であるにもかかわらず作品として成立しているものもちらほらありました。

今ではない / NOT NOW Hさん

とにかく目立ちたいというHくんの第一声からはじまりました。ヨーロッパで宿なしで一か月放浪してきたときに撮った写真だそうです。シャッターを切った瞬間から今は手から零れ落ちていくその連続を描いているそうです。写真と文章の並列展示でしたが写真だけのほうがいいのではという意見もあるくらい本人は執着がない写真が主張している印象でした。塩澤さんからは生きてて楽しい?という質問に戸惑いもありました。

Bridge Uさん

夜のレインボーブリッジを歩いて渡った時の写真でそうです。きれいな夜景の橋の写真ではなく物体としての魅力を撮りたいと思いこの作品になったようです。モノクロで橋のいろいろな角度でアプローチした写真はひとつの作品として成立していました。塩澤さんからは縦横を意識した構図づくりがあったほうが橋が建造物として際立ってよかったかもしれないですねと指摘がありました。

コントラスト Uさん

庭園のなかのコスモスと高層ビルとの対比。就活中の心の現れなのか暗いイメージの仕上がりでした。

Expected//disappoint Sさん

釣り人を撮影した一枚の写真から複写によりピントをずらして撮影して複数のフィルムを作り、プリントで明暗をさらに変えて作成した作品だそうです。テーマは「待つ」。物事の結果を待つ思考の時間を明るさやピントをづらして表現してるようです。タイトルの「希望と失望」は結果を待つ間のじれったさだそうです。白い写真は希望で黒い写真は失望のようです。菊池さんは写真からもの作りの姿勢を評価していましたが作品の数を減らしたほうがよいのではという指摘。塩澤さんからは難しすぎるのでもっとわかりやすく3枚くらいに絞ったほうがという意見がありました。

赤の海 夜の東京 Sさん

撮影者はふだんは違和感のある現実を作品化しているそうです。大阪出身の撮影者が東京の街は赤色が多いと感じて映像化した作品。3枚の写真の合成でした。菊池さんからは上の横長の写真一枚のほうがより伝わるのではないかという意見、みなさんも同意していました。塩澤さんからは写真を枠に入れないほうがより効果的に伝わることがあるということを森山大道さん写真集を例に話していました。

TRUE or FALSE Sさん

大阪の雑居ビルの夜の風景。どこかよどんだ迷宮に入り込んだイメージを表現しています。色もそれに合わせて調整したそうです。学生からゲームからヒントを得たのという質問にうなづいていました。

もう一点、ブックがありました。故郷の町の魅力を鉄道を交えてご自身が感じた気持ちの良い空間を撮影したのものでした。塩澤さんからは血の通ったヒューマンな写真でよいと評価していました。

視点 Yさん

写真を始めて間もないそうですが、使っていたカメラは身内から譲り受けたミノルタ製のクラシックカメラをみせてくれました。撮るだけでも苦労したと思いますがスマホのように簡単ではなくまたフィルムで撮りプリントすることに興味があるそうです。菊池さんと塩澤さんから何点かは本人がおもしろく思った視点がわかるものもあったのでとにかく今はたくさん撮ることでもっとよくなりますねという意見でした。

今回は幹事長のHくんのお力添えで3年ぶりに合評会が実現しました。親子以上に年の離れた我々が写真というものを通して会話できるのは不思議ですし楽しい時間でした。感謝します。増田

現役新人展に行ってきました。平3卒 増田 智

久しぶりに現役生の写真展にいってきました。

コロナでしばらくはウェブ開催を余儀なくされていた写真展もようやく感染対策をして会場での展示が始まりました。

新人展ということですが1年生は半分くらいで残りは2年生、3年生だそうです。

今回は動画の展示もありました。ミラーレスでの動画撮影をする学生も増えているようですね。

現役生は合宿や班活動も今年から再開したそうです。

写真は個人活動である反面、仲間の影響を知らず知らずのうちに受けて成長するものだと思っています。ぜひお互いに切磋琢磨してください。

夏の香り

フィルムカメラで撮影してスキャンしたデータでプリントしてあえてデジカメのカリカリ感をなくしているようです。そこに「夏の香り」がただようのでしょうか。

新橋の夜

ザ早大写真部といった写真ですね。時代が変われどデジタルになれど変わらないアプローチでうれしくなります。

東京帰りたい

スマホで撮影したそうです。十分展示に耐えうる写真でした。

機動性の良さではデジカメはかなわないのでそういった写真をみたいですね。

横浜花火

きれいですね。手前の桟橋が位置は難しいですね。

Skyline

こちらも素敵ですね。後ろの山のポジションはいろいろ試してもよいですね。

白鳥の湖

一瞬をとらえて絵作りしたインパクトある写真ですね。

color

新人展の中では一番作品として可能性が感じられました。きれいなものを撮ることから始める人は多いですが枯れたひまわりに目をむけてこの光線状態を選んだ視点は大切にしてほしいですね。

晩夏

たわいもない毎日を残すことも写真の武器ですね。

展示のおもしろさにひかれました。視線が強いモデルであるがゆえに目線がある写真は1点だけでよかったかもしれません。

昭和40年卒・小川忠博さんから写真展のお知らせ

ごあいさつ

このたび、山梨県立美術館と山梨日日新聞社・山梨放送が共催し、特別展「縄文ーJOMONー展」を開催する運びとなりました。つきましては、是非とも展覧会にお越しいただきますよう、ご案内申し上げます。

山梨県は、全国有数の縄文文化が発展した’縄文王国‘として知られ、遺跡からは、数多くの土器や土偶が発掘されています。それらは、大変優れた造形美を持ちますが、とかく考古学的な紹介にとどまり、美術的視点から紹介されることは多くありません。

本展では、山梨県立考古博物館をはじめとする県内各所で所蔵されている代表的な土器や土偶を一堂に会します。さらに写真家、小川忠博によって撮影された新しい視点の全国の縄文遺物写真や展開写真ざコラボレーションさせることで、縄文文化の美術的価値を改めて知る機会となるでしょう。

https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/2022/650.html

第15回写真の早慶戦のお知らせ

昨年コロナ禍により延期された「写真の早慶戦」が今年開催となりました。
当写真展は昭和57年(1982年)第1回「旧きなかま展」として西麻布の「ペンタックスギャラリー」にて『早稲田大学写真部』と『慶應義塾大学カメラクラブ』のOB/OGである稲門写真クラブ(早稲田)、三田写真会(慶應)が出展開催されたのが始まりです。
途中には早稲田/慶應の各記念単独写真展が数回ありましたが、基本的には隔年にて、今回で15回目、40年の歴史を迎えました。主幹事も両校交代で行っており、今回は稲門写真クラブ(早稲田)側となっております。

今回の共通テーマは「令和を歩く」として両校10点ずつの作品で「テーマ部門」、各校40数点ずつを「自由部門」として合計100点以上の力作を展示致しました。
「テーマ部門」については、コロナ禍の中で人々の暮らしが変化していく様をどう感じたかを写真を通してみて頂けたらと思います。

90歳間近の大ベテランのOBから現役学生まで100名以上が力作を出展、それぞれ両校の写真に対する学風、持ち味をご堪能頂ければ幸いです。

当写真展は親睦目的の写真展ではありますが「早慶戦」と銘打って勝敗をご来場頂いた方々の投票により決することとなっております。
どの作品が素敵だったか、全体的に早稲田/慶應どちらの写真作品に軍配をあげるか忖度なしで清き一票を投じて頂きたくお願い致します。
また合わせて写真のご感想等も頂ければ幸いです。

令和4年(2022年)10月吉日
稲門写真クラブ
三田写真会

 

 

代表幹事交代のお知らせ

稲門写真クラブ
会員各位
代表幹事交代のお知らせ

次々と変異するコロナ・ウイルスに驚く毎日ですが、酷暑の中、会員の皆様にはお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
過日、幹事総会を開催致しました際に、白谷達也代表幹事よりご自身及びご家族の健康上の理由から、代表幹事を辞任したい、との表明がありました。
幹事会はこれを承認し、後任に現代表幹事代行の増田智幹事を2022年8月1日付で選任いたしましたので、ご報告いたします。これに伴い幹事会メンバーを下記の様に致します。尚、10月20日から開催予定の写真の早慶戦に関する業務は現在担当の幹事が引き続き担当いたします。
会員皆様のご活躍とご健康を祈念しております。
2022年8月3日
稲門写真クラブ  新代表幹事 増田 智
前代表幹事 白谷達也
(増田 智プロフィール)
群馬県出身
1991年(平成3年)政経学部卒業

大学在学中より写真部OBより紹介された週刊誌の企画でレストラン、商品、料理等の取材撮影を始める。卒業後、コマーシャル・カメラマンのアシスタントをしながら、雑誌の仕事を続ける。その後、フリーカメラマンとしてストリートフアツション誌の洋服、スニーカー等から、医療関係広告、採用案内、商品カタログ、インテリア等と撮影分野を広げ現在にいたる。現在ライフワークとして和歌山の梅農家を記録しつづけている。


稲門写真クラブ幹事会
2022年8月1日より
★常任幹事会
代表幹事   増田 智(平03=1991 政経卒 写真家)
副代表幹事  塩澤秀樹(昭60=1985 文卒 写真家)
会計幹事   多久彰紀(昭44=1969 商卒 佐藤真空OB)
常任幹事   平嶋彰彦(昭44=1969 政経卒 毎日新聞社OB)
同     宇野敏雄(昭45=1970 商卒 アイ・ビジョン)
同     福田和久(昭46=1971 政経卒 ビクターエンタテインメントOB)
同     浅野修司(昭48=1973 法卒 FM東京OB)
同     金城正道(平02=1990 政経卒 写真家)
同     戸澤昌道(平10=1998 教育卒 オクイテクノス)

★監査役
監査役    元木 貢(昭44=1969 商卒 アペックス産業)
同     伊勢淳二(昭46=1971 法卒 日本船燈OB)

★アドバイザー
アドバイザー 藤森秀郎(昭34=1959 商卒 写真家)
同     今井隆一(昭38=1963 商卒 主婦と生活社OB)
同     勝山泰典(昭40=1965 政経卒 オリンパス光学OB)
同     菊池武範(昭42=1967 法卒 中央公論社OB)
同      白谷達也(昭45=1970 法卒 朝日新聞社OB)

★顧問
顧問    都筑弘雄(昭28=1953 商卒 富士フィルムOB)

 

平12年卒 門口浩之さんが7月10日(日)から7月18日(月)まで写真展を開催します

写真家 門口浩之 日常に美しい景色を 写真展開催

美しい自然の景色やパワースポットなどの撮影
まちの匠 https://www.machinotakumi.com/ では活動家やお店の信念が伝わる写真を掲載、写真講座、YouTuber等々、各方面で写真に携わっています

ちょっと変わったヒーリングフォトも展示します
写真に見えないと言われる幻想的な世界をぜひ御覧ください
展示パネルのオーダーやフォトプリントもご購入いただけます

開催日程
2022年7月10日(日)から7月18日(月・祝)
11:00から20:00

会場
日本国登録有形文化財 会席料理 二木屋
http://nikiya.co.jp/


〒338-0012 埼玉県さいたま市中央区大戸4-14-2

TEL 048-825-4777