【訃報】平成1年卒・齋藤宗孝さんが亡くなりました

突然の悲報に接し、未だに信じられず、ただただ驚くばかりです。

思い出すのは、部室の長椅子に座って元気に喋っている斎藤君の姿です。

行けばいつも主のように座っていました。

憎まれ口を叩きながら、世話好きで、あれこれ皆の面倒を見てくれました。

鱒寿司や蒲鉾を持ってきてくれたこと、

大学に近い下宿先のお風呂を部員に時々貸してくれたこと、

学園祭前の炊き出しに部屋を提供してくれたこと、

富山ナンバーの紺色のシティで皆をあちこち連れて行ってくれたこと、思い出は尽きません。

大学時代から、見た目も声も話し方も変わらない斎藤君。

学生時代に「40年後還暦の頃には俺が一番若見えするかもしれないぞ。」と言っていた斎藤君。

証明される前にいなくなってしまいました。

早口早足で、先に旅立ってしまいました。

私達がそちらに行く時には、

「おう、お前ら遅いぞ。待ちくたびれたわ。」

などと言いながら、主のようになって出迎え、早口早足で案内してくれるのでしょう。

今は心よりご冥福をお祈り申し上げます

平1卒岡久有子

 

平成元年前後の人たちの中では先輩後輩を問わず斎藤さん(通称BBさん)にお世話になったかたは多いと思います。大学の近くに下宿があり、たまり場になっていてよくごはんはごちそうしてくれました。車を持っていて夜のドライブも連れて行ってくれたものです。あまりにも早い訃報で実感がわきません。

お悔やみ申し上げます。平3卒増田 智

お通夜・葬儀は以下の通りです。

通夜  3月22日(日) 19時〜
告別式 3月23日(月) 11時〜
場所  セレモニーホール富山
〒939-8104 富山市西番158
TEL 076-421-1194
喪主  斎藤志津枝 様

昭和55年卒・六田知弘さんの写真集出版と写真展のお知らせ。

写真作家・六田知弘さんは奈良県に生まれ、幼少期から仏像巡りをし、20代はヒマラヤ山中のチベット仏教の地に暮らし、その後日本のみならず中国雲崗石窟をはじめ、アジア各地の仏教遺跡を隅々まで回り、仏の宇宙を観じ撮ってきました。今回の展覧会は、『六田知弘写真集 仏宇宙』(生活の友社刊)の出版を記念し開催されます。

・開催記念トークショー:2月15日(土)18時45分〜20時

六田知弘+玄侑宗久

・ギャラリートーク:2月23日(日)/3月21日(土) 15時〜

六田知弘+相田一人         

 

お勧めします。司馬遼太郎さん関連です。

必聴・必見のトークショーですので皆さまにお勧めします。逃すと後悔ものです。

「小林 修写真展 司馬遼太郎『街道を行く』の視点」のトークショーが11月9日(土)、10日(日)の両日13時半ー15時の予定で開催されます。写真の素晴らしさは勿論ですが、このイベントは司馬ファンの方々は必見・必聴です。定員が各回150名ですので、予め電話予約をされてお出かけください。

電話番号は03−6271−3350です。(昭和45年卒 白谷達也)

「第14回写真の早慶戦」が終わりました

「第14回写真の早慶戦」が23日に終わりました。皆さまのご協力に感謝です。人気投票の結果は以下のとうりです。

*投票総数:615 慶応の勝ち:223 早稲田の勝ち:215 引き分け:151 無記名:26

8票差の接戦でした。

芳名帳に記載くださった方は、「三田写真会」369名、「稲門写真クラブ」352名でした。

早稲田大学校友会のホームページ http://www.wasedaalumni.jp/event/2019102802.html もご覧ください。

昭和46年卒・倉田光一さんの50年前の写真が蘇ります。

今年は「ハンパク」から50周年に当たります。立命館大学の国際平和ミュージアムがミニ企画展示をするようです。担当者から写真についての問い合わせがあり、何度かやり取りの後僕の写真の展示が決まりました。何点展示されるかわかりませんが、50年前の写真が展示されるようです。