昭和48年卒・稲山正人さんからのお便りです。「山には下手な言葉もマスクもいりません。」

自粛モードは山歩きにも及んでいます。

殆どの山歩きサークルが活動を自粛しています。

率直に言って誰もいない山を一人で歩くぐらいは許されるべきだと思います。

こんな風潮にもめげずに山登りに行くのは私のささやかな抵抗です。

山の木々、花、水音、鳥の囀りに囲まれるのは私の至福の時。

下界の煩わしさを忘れることができます。

そしてたまに出会う登山者と無言の挨拶を交わす。

これもまた最高のコミュニケーション。

山には下手な言葉もマスクもいりません。

新緑のブナ林
新緑に包まれる滝
4月の新雪

 

手製道標
麓の鎮守